<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
<< My Condolences to U | main | 誰だって、きらりと光る何かを持っている。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

−蒼−

ると氏の作品です。
氏の描かれていた漫画が元ネタですね。
文章の運び方などにまだ多少の違和感はありますが、それでも良いものを持っていると思います。

目に包帯を巻いた不思議な少女・しぃと、ギコのささやかな物語。
この作品で一番良いな、と思ったところは、しぃの瞳を見たギコによる美しい描写ですね。
それは彼女の瞳のことに関してもそうですし、恐怖を克服したしぃから言われた
「ありがとう」という言葉の重さと、暖かさがとても優しく伝わってきました。
もう少し二人に関して深く設定を練っておいたら、もっと良い作品になっていたと思います。
それだけ、キャラクターに関する心の動きや感情の描写が出来ますからね。

今後とも期待させて頂きたい作家さんです。
持知 / 練習板 / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする