<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
PROFILE
<< panic!! | main | サ ク ラ 〜戦場の華〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

Soul Break 〜魂砕き〜

テイル氏の作品です。
戦闘シーンの登場する小説は多く存在しますが、漏れが読んでいる中で
かなりクオリティの高い戦闘シーンを書いている作品だと思います。

物語の舞台は地図に載らない町「ソウルタウン」。
全ての始まりは、「魂の剣」と呼ばれる謎の剣がこの町にやってきた時でした。
西の王国が戦争で滅びた後に見つかった、不思議な剣。
町長の家に保管されていたそれは、町長の家への強盗事件をきっかけに、
「恐怖の剣」「悪魔の剣」と呼ばれるようになりました。
なぜなら「魂の剣」で斬られた強盗が、まるで魂の抜け殻のようになってしまったからなのです…。

主人公はあの事件以降、吹き溜まりの町と化したソウルタウンでひっそりとバーを営む青年・フサ。
ある日、散歩から店に戻った彼は、ギコ、モナーと名乗る二人のAAに
「蘇りの剣」に選ばれし者として迎えに来たと言われ…?

話の世界観はRPGを思わせるような感じになっています。
展開はベタかもしれませんが、悪い運びではありませんし、むしろ読みやすいと思います。
何より魅力なのがスピード感溢れる戦闘シーン。
戦闘表現や描写がとても上手く、脳内で容易に想像出来ます。
敵方の心理描写もなかなかのもので、ケルベロス戦の最後ではリアルで泣いてしまったり…。

今後に期待が持てる物書きさんですね。
いつも漏れの作品にも米頂いています〜、マリガトン!
持知 / 連載板 / CM(0) / TB(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク / - / CM(0) / TB(0)

この記事に対するコメント

コメントする